【姫路市京口駅すぐ】個別指導中心の学習塾『村上未来塾』

*

塾通信2月(2009)

      2015/05/29

入試シーズンたけなわです。高校生達の進路は決まりました。関西学院大学・岡山理科大学・神戸松蔭女子大学・富士常葉大学です。後は、中学生達ですね。私立の入試は終わりました。一部発表がまだですが、全員合格すると思います。残るは公立高校の一般入試です。「どれだけその高校に入りたいか」という気持ちの強さが合否を分けます。「俺(私)が受からずに誰が受かるのか」という強い気持ちを持って残された日々を頑張って下さい。「あの時もう少し勉強しておけば良かった」という後悔だけはしないように。万が一不合格なら一生後悔します。私は大学入試の時、京都のK大を失敗しました。センター試験でボーダーより少し上の点を取り、2次試験で一番苦手だった英語で全訳したことの有る文書の全訳問題が出て、受かった気になり油断しました。前年の合格ラインより100点近く点数が上だったのにもかかわらず不合格になりました。とても悔しく未だに後悔しています。同じ思いはして欲しくないので、生徒達には口を酸っぱくして言っています。「1点が合否を分ける」「最後の最後まで気を抜くな」「問題が簡単なら、みんな簡単だと思っている。問題が難しければ、みんな難しいと思っているんだ」「簡単な問題から確実に解いていき、難しい問題は後回しにしろ」「迷ったら最初に選んだ答えを書け」「行く学校によって将来の進路は決まる」「自分を信じ、仲間を信じ、家族を信じ、先生を信じろ」「誰のために勉強するのか、全部自分のためやぞ」言いたいことは山ほど有って書き尽くせません。やるべき事をやったら、後は生徒達を信じ、祈るだけです。

 - 塾長のブログ