【姫路市京口駅すぐ】個別指導中心の学習塾『村上未来塾』

*

塾通信7月(2009)

      2015/05/29

全盲のピアニスト辻井伸行さんが、名門ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで優勝しました。日本人初です。ショパン国際ピアノコンクールと並ぶ世界的に権威のある大会です。2005年10月のショパン国際ピアノコンクールで「ポーランド批評家賞」を取り、塾通信でも取り上げました。覚えておいでの方もいらっしゃると思います。楽譜が有っても難しいのに、楽譜が見えないのですから、そのすごさが分かるかと思います。曲は全て、聞いただけで全部覚えます。絶対的な音感とピアノに対する愛情、弛まぬ努力とお母様を始めとする周りの理解と愛情が快挙を為させたのだと思います。お母様のいつ子さんはその著書にこう書いています。「才能のない子なんていない。それに気付いて、時には強引にでも、その道を作ってあげるのが親の役目だと思います。」これは、親の役目でも有り、教師の役目でも有るかも知れません。そうです。才能のない子はいないのですから。子供達の才能を開花させてあげたいものです。

 - 塾長のブログ